徒然日記という名のチラシの裏の落書き
by sonicreal
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


高付加価値商品vs薄利多売

 タイトルは、客単価vs回転率とか、販売単価vs販売数でもいいんだけど。

 いきなり会計的な問題。


 まず事例。

 毎日、30円の商品が2つだけ売れるお店があります。
 商品30円の内訳は、固定費10円、変動費10円、利益が10円です。
 他には打ち上げがないので、1日の総売り上げは60円、利益は20円になります。


 そこで1問目。

 商品の価格を値上げして40円にしたところ、1日の販売数は変わりませんでした。
 1日の利益はいくらになるでしょう。

 答えは簡単。
 固定費も変動費も変わらないで、商品1つあたりの利益が10円増えるので、
 利益 = 40円(20円×2商品)


 では2問目。

 商品の価格を値下げして25円にしたところ、1日の販売数は倍になりました。
 1日の利益はいくらになるでしょう。


 答えは 利益 = 20円(5円×4商品) ではありません。
 販売数が倍になるということは、固定費が半分になるということ。

 結果は、 利益 = 40円(10円×4商品)
 1問目と同じ利益。
f0080344_23113744.png


 趣味と実益を兼ねて、いろいろと会計に関係する本を読むけれど、「客単価が重要」とかばかり書かれていて、薄利多売のビジネスモデルを解説しているモノってあまり無いような気がする。
 本の選び方が悪いだけなんだろーか。
[PR]
by sonicreal | 2012-02-25 23:11 | 徒然日記
<< 黒松内キャンプ 壁付家具 >>